IT

Vidyoがあれば遠隔コミュニケーションを図れる

電話で会議を行う

ネットワーク

電話会議の仕組みと特徴は

Vidyoを利用すれば電話会議ができるようになります。電話会議とは、1度に3人以上同時に利用できる音声を使った会議システムのことを言います。電話会議には、ハンズフリー用などの専用機器を使う方法や、事業者が提供する電話会議サービスを利用する方法や、企業内のパソコンを利用した電話会議システムなどがあります。電話会議は設置設定が比較的簡単のため、いつでもどこでも気軽に離れた場所との遠隔コミュニケーションが行える、非常に便利なサービスです。メリットとしては、電話回線や携帯電話があれば簡単に接続することが可能です。また、専用機器を使う場合は10万円程度、利用料も電話料金にプラスする程度のため、あまりコストをかけずに導入できます。逆にデメリットとしては、音声だけのため、資料や映像の共有ができないことが挙げられます。よく検討をした上でVidyoを導入しましょう。

Web会議やテレビ会議の特徴は

電話会議と同じような仕組みで、資料や映像が共有できるのが、Web会議やテレビ会議(ビデオ会議)です。Web会議やテレビ会議は、パソコンを利用して行うため、ある程度の設定やIT知識などが必要となります。また、会議で共有するデータ容量に対して、ネットワーク帯域の考慮が必要となります。インターネットや社内IPネットワークは広帯域化が進み、ある程度の安定性や信頼性は高まってきています。しかし、Web会議やテレビ会議で共有するデータ容量を想定すると、ネットワーク帯域がそれなりに必要となってくるため、その回線コストが高額となる可能性はあります。とはいえ離れた場所と、音声だけでなく資料や映像を共有した電話会議を行えることは非常に効率的で、かつ移動の稼動や出張費を考えるとコスト的にもWeb会議などの方がメリットになることも十分に考えられます。Web会議、テレビ会議を導入する際は、ぜひ総合的に判断することをおすすめします。

データの取得に必要

背広のメンズ

IoTを利用すれば世の中がもっと便利になります。今以上に情報の習得がスマートになったり分析できたりするため、ネットワークに欠かせません。今後はさらに機能性がアップするとされています。

詳しく読む

業務効率を良くする

IT

業務をスムーズに進めるにあたってシステム開発が必要です。システム開発を利用してプログラム開発を行なえば、管理業務の負担が軽減します。他の仕事も十分にこなせるようになるのです。

詳しく読む

自動車サービスの向上

カーナビ

頻繁に自動車を利用するという方は、テレマティクスを搭載してください。スマートフォンがあれば天気予報や渋滞情報、車両盗難追跡など色んなサービスを受けられます。費用も2万円くらいとお手頃です。

詳しく読む